今が買い時?消費税が上がる前に購入!

2012年8月10日に消費税増税法案が国会で成立しました。これに伴い、消費税は「2014年4月1日に消費税5%→8%」「2015年10月1日に消費税8%→10%」の2回に分けて引き上げられる見通しとなっています。

今回は、消費税増税によって住宅購入時期を迷っている方に、増税前に購入するタイミングについてご説明させていただきます。

消費税が上がる前に購入するためのスケジュール

消費税5%で住宅購入したい場合、購入する住宅の種類によって条件が異なっていることに注意しましょう。まずは、物件の種類を「注文住宅」「建売住宅」「中古住宅」に分けて、消費税5%で購入できるスケジュールを見てみます。

注文住宅の場合

請負契約が、2013年9月30日までに完了している場合、住宅の引き渡しの時期に関係なく、消費税は5%となります。
住宅の引き渡しが2014年3月31日までに完了している場合、消費税は5%となります。

※請負契約が2013年9月30日までに完了していない場合でも、住宅の引き渡しが2014年3月31日までに完了すれば、消費税が5%のままで購入が可能です。
ただし、ハウスメーカーの一般的な建築期間は、計画から入居までがおよそ9か月と見込まれています。さらに、増税前の駆け込み需要の高まりなども考慮すると、工期の長い注文住宅では引き渡しの時期が間に合わないリスクもあるため、請負契約を2013年9月30日までに完了させておいた方が良いでしょう。

建売住宅の場合

住宅の引き渡しが2014年3月31日までに完了している場合、消費税は5%となります。

※注文住宅と異なり、契約のタイミングは消費税率には関係がなく、購入した物件の引き渡し時期が2014年3月31日までに完了するかどうかが、消費税率の変動に影響してきます。

  • 中古マンションを探す

中古住宅の場合

個人が売主の中古住宅の場合、消費税は非課税となるため、かかりません。
個人の売買であっても、不動産会社などの仲介があった場合、仲介手数料に消費税がかかります。この場合は2014年3月31日までに売買契約を完了すれば、消費税は5%となります。
売主が不動産会社などの法人である場合、住宅の引き渡しが2014年3月31日までに完了すれば、消費税は5%となります。

※中古住宅の場合、個人の売主であれば、非課税となるため消費税がかからないという事があまり知られていないようです。また、契約のタイミングなどに振り回されず購入を検討することができるため、おすすめです。

上記に挙げたのは2014年4月1日から適応される消費税5%→8%への引き上げにあたる期限です。 今回の消費税増税は2段階での引き上げが予定されており、2015年10月1日には8%→10%への引き上げが実施されます。

消費税8%から10%に上がる前に購入できる期限は以下のスケジュールになります。

注文住宅の場合

2015年3月31日までに請負契約が完了している。
または、2015年9月30日までに住宅の引き渡しが完了している。

建売住宅の場合

2015年9月30日までに住宅の引き渡しが完了している。

中古住宅の場合

2015年9月30日までに住宅の引き渡しが完了している。

  • 中古マンションを探す

次のページは、消費税増税によって増える負担額

1 | 2

 

ページの先頭へ戻る

賃貸や不動産・住宅等の情報検索サイト「ホームアドパーク」では、賃貸マンション、賃貸アパート、中古マンション、新築・中古一戸建てなどの物件をエリア別、路線・駅別、こだわり条件から自在に検索できます。住まいに関する様々な情報もご用意しておりますので、賃貸・売買を問わず、不動産に関することは当サイトにおまかせください!