失敗しない住まい探し!現地見学チェックポイント|不動産・住宅情報はホームアドパーク

現地見学について

「現地見学」は、周辺環境や実際生活したときのイメージするうえでとても重要です。
また、「現地」によって、見学の内容やチェックすべきポイント変ってきますので、まずは物件がどの状態なのか、また何をチェックすべきかをしっかり把握したうえで「現地見学」に行きましょう。

見学できる物件タイプ

・モデルルーム/モデルハウス 売り出し中の物件とイメージの近い仕様や間取りが確認できる。構造などの展示があるものが多い。・完成物件 工事が終わった物件。実際に購入する物件を確認できます。材質や建て付けの確認もできます。・建築現場 建築中の一戸建て。建築中の構造や工事の様子を確認することができ、安心感を得られます。・土地 更地、または古家が建っている場合もあります。地盤やインフラなど、気になるところを不動産会社に確認できます。

見学地はどんなところ?どんな見学ができる?

大規模分譲地の場合には販売センターが併設されています。キッズルームが完備されていることもあり、休日には子供連れで、見学する家族も多くなるので事前に予約をしていくのがスムーズに見学するポイントです。

小規模分譲地などでは、販売センターに担当者が常駐してない場合もありますので、不動産会社へ事前に確認をしてから現地に行くようにしましょう。

モデルルーム

モデルルームの場合、家具やインテリアが設置されているところが多く、実際の生活をイメージしやすいのがメリットです。
ただし、家具が豪華で、オプション設備が付いているため魅力的に見えますが、どこまでが標準設備なのか確認しましょう。

完成物件

建築が完成し、実際に販売している物件を確認できます。材質や建て付けをチェックすることができるのがメリットです。
また、分譲地内の違う家を見て比較してみたり、間取りの確認もできますので、複数物件を見学して、自分たちの生活スタイルに合った物件を見つけましょう。

建築現場

実際にどのように建築しているのか、構造などを確認できます。
完成後には見ることの出来ない工事の状況が確認できるので安心感を得られます。
見学可能かどうか、事前に不動産会社に確認をしましょう!「構造見学会」を行っているところもあるので問い合わせてみましょう。

土地

周辺環境、地盤やガス、水道などのインフラについて気になる点を不動産会社にしっかり確認をしましょう。

現地見学の流れ

モデルハウスなどの場合、事前予約しておくのがいいでしょう。また、担当者にいろいろ聞きながら見学をしたい場合は午前中がおすすめです。

①電話・メールで予約する ゆっくり見学したい場合は午前中がおすすめです!見学には1時間ぐらいかかると考えておくといいでしょう。②現地へ向かう 車で行く場合は、駐車場があるか事前に確認をしておきましょう。③見学する 担当者に資料をもらい案内してもらいます。見学中に気になったことは遠慮せずに質問しましょう。④アンケートに答える 希望の予算や間取り向きなどを記入しておくと今後の住まい探しも進めやすくなります。電話連絡が不要な場合はその旨を伝えておきましょう。

次ページでは、現地見学のチェックポイント

1 | 2

 

ページの先頭へ戻る

賃貸や不動産・住宅等の情報検索サイト「ホームアドパーク」では、賃貸マンション、賃貸アパート、中古マンション、新築・中古一戸建てなどの物件をエリア別、路線・駅別、こだわり条件から自在に検索できます。住まいに関する様々な情報もご用意しておりますので、賃貸・売買を問わず、不動産に関することは当サイトにおまかせください!