ペットと上手に暮らすポイント|ホームアドパーク

最近はペットを飼う人が増加し、ペットと暮らせる物件も増えています。 一緒に暮らすペットは家族の一員。ペットと仲良く快適に暮らす時間は私たちに癒しと安らぎを与えてくれます。私たちとは違うペットの習性を知ることで、より楽しく快適に過ごすことができます。
今回は、ペットとの暮らしをより楽しくするために、ペットと暮らせる物件の最新設備や必要な費用、犬や猫を2匹以上の飼う時のポイントなど、ペットと快適に暮らすポイントをご紹介します。

ペット可物件の最近の動向は?

一般的にペット可物件の対象となるペットをご紹介します。

犬・猫・魚・鳥・ハムスター・ウサギ・フェレット・蛇・昆虫

最近のペット可のマンションは、ペットが喜ぶ設備が充実しています。犬の散歩後に便利なペット専用足洗い場やドッグランなど、便利な設備を共有スペースに設置している物件がどんどん増えています。ペット対応の床タイル、オゾン脱臭器を室内に備えているマンションなど、ペット用設備は今後さらに増えていく傾向にあり、動物好きには嬉しいかぎりです。

ペットに嬉しい設備

ドッグラン

敷地内や屋上を利用し、リードなしで犬を走らせられる共用施設。
飼い主同士の憩いの場にもなっています。

ペットシャワー

エントランス等に洗い場があると、散歩から帰ってそのまま足を洗えて便利です。
室内はもちろん、ロビーや建物を汚さずにすみます。

ねこ階段

猫に必要不可欠な上下運動もこれでバッチリです。
家具のレイアウトに合わせて取り外し可能。滑りにくい材質を使っています。

上下換気

サッシ上部だけでなく足元にも換気窓があるので、犬や猫が風をじかに受けることができ、夏場の体温上昇防止に大活躍。動物のニオイ対策にも◎

収納タイプのペットトイレ

ペットのトイレは、お客様には見せたくないもの。
トイレの場所は引っ越し時からしつけておけば、来客時にはトイレを収納できます。

くぐり戸

ドアの下部に設けられ、猫が自由に行き来できます。開閉時にばたつかないフラップ付き。

ペット移動表示付きエレベーター

ペットと一緒に乗った際にボタンを押すと各階でボタンが点灯し、事前にペットが乗っていることを知らせてくれます。犬同士が鉢合わせして吠え合ったりするのを防ぎます。

ペットグッズロッカー

犬の遊び道具やトイレグッズなどを収納できるエントランスに設けられた小型ロッカー。散歩のときに便利です。

ペットと暮らせる物件の費用って高いの?

必要な初期費用

入居者同士のトラブルや退去後のメンテナンスに手間がかかることから、通常物件より賃料はやや割高に設定されていることが多いペット可物件。

ペットが傷を付けたり汚した場合、退去後のクリーニング費用が多くかかることがあるため、入居時に必要な敷金が通常物件より多く必要となる物件が見られます。
敷金が返還されない償却額が設定されていることもあるので、契約する前にしっかり確認しましょう。

借りる時はココに注意!

ペットと暮らせる物件と言っても全てのペットの飼育がOKというわけではありません。管理規約で頭数や大きさ、種類を制限している物件がほとんどです。 建物によって条件が異なるので、契約前にきちんと確認しておくことが大切です。

頭数による制限

1匹だけOKという場合や、5匹以上は不可という場合など、物件によって制限も変わります。
複数のペットを飼っている場合、頭数の制限があるのかチェックしておく必要があります。

種類による制限

犬や猫は大丈夫でも、鳥や魚・爬虫類は飼育できなかったり、逆に、吠える犬や猫は飼えなくても静かな魚や爬虫類はOKという場合もあります。
ゲージの中で飼うサイズの爬虫類は、犬や猫用の共用施設がある賃貸よりも、一般的なペット可物件のほうが安くておすすめです。

大きさによる制限

中型犬までは大丈夫でも、大型犬は飼えないという制限です。小型犬以外は飼ってはいけないマンションも多く、この場合、猫はもちろん、中型・大型犬も飼うと違反になりますので、必ず確認をしましょう。

ペットと暮らせる物件を探す
  • ペットと暮らしたい!犬編
  • ペットと暮らしたい!ネコ編

次のページは、ペットと暮らすポイントとは?

1 | 2

ページの先頭へ戻る

賃貸や不動産・住宅等の情報検索サイト「ホームアドパーク」では、賃貸マンション、賃貸アパート、中古マンション、新築・中古一戸建てなどの物件をエリア別、路線・駅別、こだわり条件から自在に検索できます。住まいに関する様々な情報もご用意しておりますので、賃貸・売買を問わず、不動産に関することは当サイトにおまかせください!