リノベーションの魅力って?!|住宅情報はホームアドパーク

リノベーションとリフォームの違いとは?

実のところ明確な線引きがされている訳ではありませんが、「リノベーション」と「リフォーム」はもともと言葉の意味が違います。
本来、「リフォーム」は「悪い状態からの改良」を意味し、建物の修復を意味するのは日本だけのようです。海外では「刷新」を意味する「リノベーション」が一般的です。

つまり、リフォームでは時を経て汚れたり使いにくくなったものを新築時の状態に修復させる意味合いが強いのに対して、リノベーションとは新たに家の性能をあげたり付加価値をつけて生まれ変わらせるというものになります。

  リフォーム リノベーション
概要

キッチンやバスルームの入れ替えや壁や床の張り替え、内装を替えたりと小規模なもの。
きれいに直すなど修繕新築時の状態に修復させるのがリフォーム。
従来の住まいに手を加え、快適な暮らしを生み出します。

間取りの変更や水回りでも配管を含めた変更など大がかりなもの。
新たに家の性能をあげたり付加価値をつけて生まれ変わらせるのがリノベーション。
ライフスタイルを考え、住み方や使い方などを向上させ、既存建物の魅力を活かせるものに改修していきます。

イメージ

マイナスをゼロに戻すイメージ

マイナスをプラスに上げるイメージ

例

・クロスの張り替え
・畳の表替え
・故障箇所の補修

・間取りの変更
・システムキッチンに変更

住みたい街に住める便利な立地、あこがれの街に住む

住んでみたい街があるけれど、なかなか希望の物件がなかったり、あったとしても価格が高い場合も多いと思います。特に利便性の高いところや、古くからの住宅街などでは新築物件を探すのは難しいです。

しかし、中古物件をリノベーションする、もしくはリノベーションされた物件も検討の範囲にいれることで、新築物件よりはリーズナブルな価格で、予定よりも広めの物件を選べる可能性が広がります。

「人気エリアなので、駅近や新築の物件を諦めていたら、リノベーション費用を入れても充分予算内に収まる物件が見つかった!」ということもありますので、利便性や人気エリアを中心に探している方は中古物件も検討の範囲に含めると理想に近づけるかもしれません。

魅力3.スケジュールが立てやすい

自分の家を買うとなると、いろいろな希望も出てきますね。お友達をたくさん呼べるリビングにしたい、趣味のためのアトリエスペースが欲しい、大きなクローゼットが欲しい・・・そんな希望は注文住宅でないと実現できないと思うかもしれません。ですが、リノベーションすることを選択肢にいれれば実現可能になります。これが新築の分譲物件を購入する場合との大きな違いです。

マンションの場合、間取りはどれも似た感じになってしまいますが、リノベーションであれば思い切った間取りも可能です。例えばスケルトン(骨組み)の状態にしてフルリノベーションすれば水回りから間取りまでかなりの自由がききます。2LDKの家をワンルームにして、間仕切りでスペースを区切るようにすれば、ホームパーティを楽しめるような空間を作ることもできます。
家族の希望を叶えるのは大変なことですが、アイディア次第で、いろいろな顔を持つ家に生まれ変わらせることができるのです。

家で過ごす時間を大切にしたいと考える人が多い今、居心地の良い空間を手に入れる手段としてとても魅力的だと思います。

 

ページの先頭へ戻る

賃貸や不動産・住宅等の情報検索サイト「ホームアドパーク」では、賃貸マンション、賃貸アパート、中古マンション、新築・中古一戸建てなどの物件をエリア別、路線・駅別、こだわり条件から自在に検索できます。住まいに関する様々な情報もご用意しておりますので、賃貸・売買を問わず、不動産に関することは当サイトにおまかせください!