ファミリーで暮らす(売買編)|賃貸や不動産・住宅情報はホームアドパーク

人生の中での一番大きな買い物というと、ほとんどの方が「家」だと思います。
日本の経済状況もなかなか良くなる兆しが見えないですが、こんな時だからこそ買うという方、 こんな時だから買わずに借りるという方がいらっしゃると思いますが、いったいどっちが得なのか?というのは気になるところですね。
簡単に「買う」と「借りる」を比較してみましょう。

どっちのほうがお金がかかる? どっちのほうがお金がかかる?

「これだけの家賃を払い続けるのであれば、買って自分の資産になったほうがいい」というのが、家を買う理由の1つでしょう。 賃貸の場合は生涯にわたって家賃を払い続けなければいけません。
買った場合は、支払いが終われば月々の負担はぐっと減ります。

買った場合は、支払いが終われば月々の負担はぐっと減ります。

買う場合は、物件自体のお金の他にも、登記などの手数料や税金、保険料などといったものも必要なので、頭金も含めて考えると初期費用は高額になります。

賃貸の場合は、家賃の他に敷金や礼金ということになりますが、賃貸物件によっては更新料が数年毎にかかる場合がありますし、 引越しをするならその都度の引越し費用などもかかります。
ただし、最近は敷金や礼金のいらない物件も増えています。

買った場合は固定資産税、マンションの場合は管理費や修繕積み立て費が必要

月々の支払いは、賃貸の場合は家賃、買った場合は住宅ローンを支払う訳ですが、買った場合は固定資産税が必要になりますし、 マンションの場合は管理費や修繕積み立て費が必要になります。

このようにそれぞれの出費を将来にわたって試算すると、ほぼ同じ程度という結果が出ています。

ページの先頭へ戻る ページの先頭へ戻る

広さや住み心地は? 広さや住み心地は?

月々の支払いが同じとすると、賃貸物件のほうが狭い傾向。

月々の支払いが同じとすると、賃貸物件のほうが狭い傾向。 またファミリー向けの広さの物件自体も少ないと言えます。
ただその分、駅から近いなどのメリットが期待できます。

住み心地という点では、賃貸物件は勝手にリフォームはできないし、基本的に傷をつけないように気を遣う面もあります。 買った場合は好きにリフォームすることも子供やペットが傷つけても平気です。

設備の充実度は分譲物件のほうが高い

大型のマンションなどでは公園やパーティルーム、スポーツジムなどが併設されている物件があるなど、施設面でも充実している事が多くなりました。

キッチンや水周りなどのグレード感を含め、設備の充実度は分譲物件のほうが高いといえるでしょう。

一方、賃貸物件はその時々の家族の状況にあわせて住み替えができますし、メンテナンスも家主さんにお任せという気楽さがあります。

基本的なことだけでも、それぞれに、メリット、デメリットはあります。
今のご自分たちの生活スタイル、老後の生活のイメージなどにあわせて、どのメリットを取るか?ということをご家族で検討すると良いですね。

ページの先頭へ戻る ページの先頭へ戻る

賃貸や不動産・住宅等の情報検索サイト「ホームアドパーク」では、賃貸マンション、賃貸アパート、中古マンション、新築・中古一戸建てなどの物件をエリア別、路線・駅別、こだわり条件から自在に検索できます。住まいに関する様々な情報もご用意しておりますので、賃貸・売買を問わず、不動産に関することは当サイトにおまかせください!