中古マンション リフォーム予算はどの位?|不動産・住宅情報はホームアドパーク

リフォームする時期の目安とは

中古マンションの場合、購入の際に「リフォームにはいったいどのくらいの予算がかかるのか」といったところが気になるのではないでしょうか。
今回は、だいたい築何年でどの箇所をリフォームする必要があるのか、目安の時期と参考価格を一緒に見ていきましょう。

修繕時期は設備ごとに違う

築年数が古いからといって必ずしもリフォームしなければならない訳ではありません。
売主がこまめにメンテナンスを行っていた物件であればリフォームの必要のない設備もあります。中古マンションのリフォームの目的は、直さなければ使用できないものを修繕することが目的です。

設備にはそれぞれ寿命があり、修繕時期はそれぞれの設備ごとの使用状況やメンテナンスによって異なりますが、リフォームの目安を見てみましょう。

カーペットやクロスなどは早い段階でリフォームされるようです。

一方、設備機器などは耐久年数が長く想定されているため、リフォームのタイミングは遅いようです。

築年数の古い中古マンション物件では、すでに何度かリフォームが実施されている場合もあるため、不動産会社や売主に過去のリフォーム履歴を確認してみるといいでしょう。

修繕だけにフォーカスすればリフォーム予算は抑えられる

リフォームの第一目的が「修繕」だとすれば、第二の目的は「使い勝手をよくする」ことでしょうか。
最新のキレイで使い勝手のよいモノにしたいところですが、そこはリフォーム予算との相談です。さらに中古物件ということで「見た目」もキレイにするためにクロスや床を張り替えたりしたいですね。
しかし、あれもこれもと希望を挙げていくと、結果的には新築物件と変わらない価格になってしまいます。

どうしてもリフォーム予算は抑えたいというのであれば、使い勝手は悪くてもまだ問題なく使い続けられる設備はそのまま我慢して使うようにしましょう。

クロスや床も取り替えずにクリーニングでキレイにすることも可能です。

なるべく「修繕」だけにフォーカスしたリフォームであれば予算を低く抑えることができるので、自分が気になる点をしっかり見極めてリフォーム計画を立てましょう。

中古マンションを探す

次のページは、築年数別のリフォームシミュレーション

1 | 2 | 3

 

ページの先頭へ戻る

賃貸や不動産・住宅等の情報検索サイト「ホームアドパーク」では、賃貸マンション、賃貸アパート、中古マンション、新築・中古一戸建てなどの物件をエリア別、路線・駅別、こだわり条件から自在に検索できます。住まいに関する様々な情報もご用意しておりますので、賃貸・売買を問わず、不動産に関することは当サイトにおまかせください!