自治体行政サービス - 子育てに優しい街【関西版】[ 2ページ目 ]|賃貸・住宅情報はホームアドパーク

各自治体の取り組みを見てみよう

将来住む場所を決める場合、街や周辺環境、そこに住む人たちの雰囲気だけでなく、小さなお子さんがいるご家庭は、自治体の「子育て支援」の取り組みも気になるところではないでしょうか?

子育て支援サービスを調べることにより、自治体の子育てに対する姿勢がうかがえます。 意外と知らなかった!というサービスもあるかもしれません。 そんな各自治体の取り組みの一部をご紹介します。

大阪

子育て世帯の住宅取得に最大約50万円の補助

賃貸物件でよく知られているのが「新婚世帯向け家賃補助制度」ですが、大阪市内の定住促進のために、住宅購入時についても補助が受けられるのが「子育て世帯向け分譲住宅購入融資利子補助制度」。

小学校6年生以下の子供がいる世帯が新たに住宅を取得する場合、住宅ローンに対して年0.5%以内(融資利率で上限0.5%)、5年間の利子補給が最大約50万円受けられます。
大阪市子育て世帯向け分譲住宅購入融資利子補給制度

まいど子でもカード

大阪府では、次世代育成支援対策の一環として、子育て世帯を社会全体で応援する「まいど子でもカード」事業を実施しています。 18歳未満の子どもを育てている世帯が携帯電話画面や会員証(カード)などでシンボルマークを提示することで商店や飲食店、サービス業などの協賛店舗で割引や特典などのサービスを受けられます。 大阪府以外でも三重県、京都府、和歌山県、徳島県、兵庫県・鳥取県、滋賀県・奈良県の協賛店舗でサービスを受けることができます。
まいど子でもカード

その他にもこんな嬉しい取り組みがあります!

大阪府池田市では、第2子以上で出産祝いが贈られる「エンゼル祝金・祝品」制度やエンゼル医療費助成。 第4子出産の方に、ダイハツ工業の協力で、軽自動車を3年間無償で貸与したり、池田市幼稚園に通園する第4子以上の園児の保護者に対し、エンゼル補助金を交付しています。
エンゼル祝品・祝金支給制度

京都

京都市未来こどもプラン

平成22年度から平成26年度までの5年間に子育て支援施策の更なる発展を目指す総合的な計画として、「京都市未来こどもプラン」が策定されました。 例えば、保育所待機児童数の解消や多様な保育サービスの提供により、住人が安心して子育てできる環境の整備をすすめています。
京都市未来こどもプラン

みやこ子ども土曜塾

京都市の教育委員会が運営する「みやこ子ども土曜塾」。 土曜日などの学校休業日に、自然体験や伝統芸能など京都ならではの様々な学びをはじめとした取り組みの場を提供し、 「大人みんなが先生に」を合言葉に、市民ぐるみで子どもたちを育んでいくのが「みやこ子ども土曜塾」です。
みやこ子ども土曜塾

きょうと子育て応援パスポート

18歳未満のお子さんや妊娠中の方がいる家庭を対象に、協賛店でパスポートを提示すると、各店独自のサービスを受けることができます。 この事業は、関西2府8県(福井県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、徳島県、鳥取県)と連携した関西子育て世帯応援事業の一環として取組を進めています。
きょうと子育て応援パスポート

京都市以外でもこんな嬉しい取り組みがあります!

京都府南丹市では、「京都子育て支援医療」「すこやか子育て医療」の制度で、0歳~高校3年まで1ヶ月200円の一部自己負担のみで医療費自己負担分を助成。 高校卒業まで対象にするのは、全国でも南丹市だけという。
京都子育て支援医療・すこやか子育て医療

神戸

のびのびパスポート

神戸市は、隣接7市1町(芦屋市、西宮市、宝塚市、三田市、三木市、明石市、淡路市、稲美町)、および洲本市、南あわじ市、徳島市、鳴門市と連携し、 このエリアの小中学生を対象に、博物館や水族館などの教育施設を無料で利用できる「のびのびパスポート」を発行しています。
神戸市交通局の土・日・祝日などに大人が同伴する小学生以下のバス・地下鉄などの料金が無料になる「エコファミリー制度」と合わせて活用すると、オトクに遊びに行けます。
(※のびのびパスポートは学校を通じて全児童、生徒に配布しています。)
のびのびパスポート

神戸市以外でもこんな嬉しい取り組みがあります!

兵庫県相生市では、新婚世帯を対象に(婚姻届出3年以内の新婚世帯の方で、平成23年4月1日以降に市内の民間賃貸住宅の契約をされた方)、 月額1万円を上限に、3年間の家賃補助を行っています。
新婚世帯家賃補助金交付事業

知っていますか?子育て世帯向けのマンション取得制度

子育て世帯のマンション取得を、自治体が支援する動きが広がっています。 大阪市は、小学生以下の子どもがいる世帯向けに、住宅ローンの金利分を5年間で最大約50万円補助する分譲住宅購入融資利子補給制度があり、エコ住宅向けの利子補給制度と併用も可能です。

子育て世帯向けのマンション取得支援制度が増えています!

大阪市子育て世帯向け分譲住宅購入融資利子補給制度 小学校6年生以下の子どもがいる世帯を対象に、住宅ローンに対して年0.5%を上限に、5年間で最大約50万円の利子補給を行う。 大阪市エコ住宅購入・整備融資利子補給(5年間で最大約50万円)と併用可
大阪市、神戸市など 子育て支援(応援)マンションなどの名称で、仕様やサービス面で子育てに配慮したマンションを認定。 認定マークを交付したり、自治体のホームページで物件を紹介するなどの取り組みを実施している

子育て世帯にとって、自治体の子育て支援はぜひ利用したいものです。 そのエリアでは「どんな子育て支援をしているのか」「どんな支給条件なのか」をチェックして、ベストな住まいを探してくださいね。
※ご紹介した支援についての詳しい情報は、各自治体の窓口にお問い合わせください。

子育てに優しい街を選ぶ!に戻る

1 | 2

ページの先頭へ戻る

賃貸や不動産・住宅等の情報検索サイト「ホームアドパーク」では、賃貸マンション、賃貸アパート、中古マンション、新築・中古一戸建てなどの物件をエリア別、路線・駅別、こだわり条件から自在に検索できます。住まいに関する様々な情報もご用意しておりますので、賃貸・売買を問わず、不動産に関することは当サイトにおまかせください!