IT重説 - 不動産用語の解説は、ホームアドパークの不動産用語集におまかせ!

賃貸や不動産・住宅情報検索はホームアドパーク

ホームアドパークは日本全国の賃貸や不動産・住宅情報検索サイトです。

 
HOME ADPARKの不動産用語集
用語集TOP
調べたい用語を直接入力する! 【記入例:敷金】
新着ワード

新しく登録された用語を紹介します。旬のワードが見えてくるかも。

【あ】

IT重説

/ あいてぃーじゅうせつ

不動産の賃貸契約及び売買契約の取引において、テレビ会議等のIT(パソコン、テレビ、タブレット、スマートフォン等の端末の画像)を活用して対面以外の方法で宅建業者・取引士が行う重要事項説明のことを言います。

「宅地建物取引業法の解釈・運用の考え方」(平成 13 年 1 月 6 日国総動発第 3 号 令和 3 年 3 月改定)では、次の4要件を満たしている場合に限り、対面による宅建業法第 35 条の重要事項説明と同様に取り扱うものとしています。

①双方向でやりとりできる

②重要事項説明書等の事前送付

③開始前に相手方の重要事項説明書等の準備とIT環境の確認

④画面上で宅地建物取引士証を視認できる

また、宅地建物取引士は、IT重説開始後、映像を視認できない又は音声を聞き取ることができない状況が生じた場合には、直ちに説明を中断し、状況解消後に説明を再開するものとされています。

消費者にとっては、「遠隔地からの移動や費用等の負担が減る」、「日程調整がしやすい」、「リラックスした環境で重要事項説明を受けられる」、「病気やけがなどで来店が難しい場合でも契約者本人が説明を受けられる」などのメリットがあります。

物件探しはこちらから 全国の住宅・不動産サイト HOME ADPARK