これからの住宅:物件に関する知識 - 住宅購入ABC|マンション、一戸建ての購入に関するお役立ち情報

住宅トレンド

住宅最新事情あれこれ

現在、建築家や住宅産業界の中で注目されているのが、〈環境〉〈福祉〉〈個性化〉の3つのキーワードです。

〈環境〉では天然素材、リサイクル可能な建材の利用、太陽光や風力といった自然エネルギー、微生物のゴミ処理などによるバイオテクノロジーを活用した設備 機器などがあります。〈福祉〉ではバリアフリー、さらにはその上を行く、それこそ子供からお年寄りまで誰もが簡単に操作できるユニバーサルデザイン化された設備機器や機能改善などの試みがあります。〈個性化〉ではブランド家具、インテリア付住宅、フリープラン住宅、輸入建材などさまざまです。

その他には新しい住まいの在り方として、コーポラティブという住宅が静かなブームを呼んでいます。これは、「マンションで暮らしたい」と考える人が集まって土地の仕入れから建物の企画・設計、管理プ ランなど自分たちで手がけるもの。苦労はあるものの、完成したときの満足感はたまりません。

また、自然との共生をコンセプトにおき、マンションの屋上を緑化したり、自然の生態系をそのまま 生かして分譲地などを開発する「ビオトープ住宅」も人気を集めています。

知っておきたい「健康住宅」

健やかに楽しく暮らしていくためには、健康で元気なことが必要十分条件。 住宅業界でも「健康」をキーワードにした住まいづくりの提案が始まっています。

住まいの健康は人の健康
近年よく聞かれる言葉のひとつに「シックハウス症候群」があります。これは、建材に含まれるホルムアルデヒドなどの化学物質に身体がアレルギー反応を起こしてしまうことです。

高気密、高断熱が発達した住まいは、夏は涼しく冬はとても暖かく、とても快適になってきたのですが、その一方でダニやカビにとっても生息しやすい環境になっているのです。このようなトラブルを抑え、住まいと人が健康であるためには、どんなことに注意すればよいでしょうか。

まず、ホルムアルデヒドなどの化学物質をできるだけ含まない建材を使うことです。メーカーや工務店の担当者に、使用する建材について説明してもらいましょう。
日常生活では、風通しに気をつけましょう。化学物質を外に逃がすだけでなく、流れる空気が湿気を防ぎ、ダニやカビ対策にもなります。

また、結露やカビ予防を目的に植物プランクトンが化石化した「珪藻土(ケイソウド)」を用いた壁材も登場しています。

使いやすさも健康住宅の条件
「健康住宅」は建材・資材に限った話ではありません。そこに住む人が快適で心地よいと感じられることも大切な要素。使いやすさも考慮したいポイントです。
たとえば、室内・室外の事故を未然に防ぐために、段差を少なくしたり、手摺りや取っ手を設けるといった「バリアフリー」設計は今では標準の仕様になりつつあります。さらにそれを推し進めた「ユニバーサルデザイン」は、あらゆる人が無理なく楽に動作できるような設計、誰もが認識できる表示や表現などを概念に据えているものです。

このように、住まいは見た目だけではなく、住む人が本当に“暮らしやすく、快適”と実感できることが大切ではないでしょうか。

地球に優しい住まいとは

21世紀、地球規模で考えなければならないテーマには「環境」があります。住宅を考えたとき、「地球に優しい住まい」とはどんなものでしょうか。

キーワードは『自然派』
使い捨て時代は終焉を迎えています。新しい世紀のキーワードは「自然派住宅」と言えそうです。
たとえば、住宅の建材を100%利用する「リサイクル住宅」、太陽光を利用した発電や雨水で電気や水を自給自足する「省エネルギー住宅」。これらはすでに実用化されていますが、今世紀にはさらに需要も増えてくると考えられます。
環境に調和した住宅が普及
「環境共生住宅」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。自然の生態系と同調する住まいのように、周辺との融合を目的とし、居住環境の心地よさを追求するためにさまざまな工夫を取り入れた住宅のことです。

財団法人建築環境・省エネルギー団体が「環境共生」の基準を定め、住宅への認定を行う制度を設けています。この基準をクリアした住宅は、住宅金融公庫の融資優遇措置や国の補助など公的な支援制度もあり、徐々に普及してきています。
日本の住宅は寿命が20~30年と言われています。家そのものの寿命を延ばすための努力も、地球にやさしい住まい、と言えるのではないでしょうか。

  • BACK
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • NEXT

賃貸や不動産・住宅等の情報検索サイト「ホームアドパーク」では、賃貸マンション、賃貸アパート、中古マンション、新築・中古一戸建てなどの物件をエリア別、路線・駅別、こだわり条件から自在に検索できます。住まいに関する様々な情報もご用意しておりますので、賃貸・売買を問わず、不動産に関することは当サイトにおまかせください!