建築条件付き土地売買って?|住宅情報はホームアドパーク

建築条件付き土地売買ってご存知ですか?住宅情報や新聞の折込広告などを見ていて目にされることも多いかと思うのですが、 細かいことは知らない・・・という方が多いのではないでしょうか?

実際に、その「よくわからない」ところにつけ込んで強引に契約を迫られる・・といったトラブルもあるようですから、 基本の知識を知っていて損はありません!いつくかポイントをまとめておきたいと思います。

3つの方法 3つの方法

 新築の戸建てを買う場合3つの方法があります

新築の戸建てを買う場合、

  • 1)土地を買い好きな業者を選んで自由に家を建てる
  • 2)建売住宅を買う
  • 3)建築条件付きの物件を買う
の3つに分けられます。

3の建築条件付きの物件とは?

3の建築条件付きの物件とは、宅地を買う業者に、住居の建築も依頼するという条件がついています。
広告などでは、参考プランとして、間取りが紹介されていることも多いですが、基本的には自由設計です。
ただ、契約する業者がやっていないような工法や手配できないような素材を使うといったことはできません。

土地の売買契約後に住宅のプランや建築費用の見積もりなどをすることになりますが、 それが気に入らない場合は、土地の売買についても解約ができることになっています。
この期間は、多くの場合3ヶ月とされています。

ページの先頭へ戻る

何がいいの?~メリット~ 何がいいの?~メリット~

建築条件付きはおおよその予算をイメージできるのもいいところ

こんな家にしたい!と夢が膨らむところですが、ゼロからの設計となると時間もお金もかかります。
その分、建築条件付きであれば、業者もきまっていて、参考プランも用意されているので、着工までの時間もお金も抑えることができます。
おおよその予算をイメージできるのもいいところですね。

家を建てるとなると、どうしても次々に希望が増えてしまうものですが、比較できるプランがあれば取捨選択もしやすくなります。

ページの先頭へ戻る

こんなところに注意! こんなところに注意!

業者が決まっていることでの制限

最近は建売住宅よりも自由度が高いことなどが人気で増えている建築条件付きの物件。
注意すべき点といえば、やはり業者が決まっていることでの制限が出てくることでしょう。

中には「フリープラン」などと書きながら、建築条件付であることを曖昧にして、 土地と建物の契約を同時にさせようとしたりするものがありますが「青田売り」と呼ばれる手法で、違法なものです。

新聞の折込広告などで多く見かけられるものですが、きちんと知識があれば怖いことはありません。

建築条件付きの土地の場合は、あくまでも土地の売買契約と建物の売買契約は別ということを覚えておきましょう。
そして、疑問に思うことがあれば何でも質問してみることです。 相手はプロなのですし、大きな買い物なのですから納得いくまで十分に話を聞いてみて下さい。
業者の方と仲良くなるのも、満足できる家を手に入れるコツではないかと思います。

ページの先頭へ戻る

賃貸や不動産・住宅等の情報検索サイト「ホームアドパーク」では、賃貸マンション、賃貸アパート、中古マンション、新築・中古一戸建てなどの物件をエリア別、路線・駅別、こだわり条件から自在に検索できます。住まいに関する様々な情報もご用意しておりますので、賃貸・売買を問わず、不動産に関することは当サイトにおまかせください!