消費税10%への増税前に住宅購入を考える|すまい給付金

消費税10%への増税前に住宅購入を考える|すまい給付金

国土交通省の発表によると、2013年の
新設住宅着工数は前年比11%増の98万25戸でした。
この伸び率は、前回の消費税増税前の駆け込み需要があった
1996年の11.8%以来、17年ぶりの数字となっています。
やはり今回も消費税増税に対する駆け込み需要があったということでしょう。

一方で今年4月以降の住宅市場を見てみると、大手ハウスメーカーの受注件数などは
軒並み前年比二ケタ減。この駆け込み需要の反動減は、4カ月後の現在8月も続いています。
消費税は2015年10月に再び増税され10%になる予定です。住宅はその前に駆け込み購入した方がお得なのでしょうか? 
実は世帯年収によっては増税後の方がお得になることがあるのです。
それはすまい給付金があるからです。

世帯年収によって50万円まで給付

すまい給付金とは?

すまい給付金は、消費税8%への増税時にスタートした自らが居住する住宅を購入すると国から給付金が支払われる制度です。新築住宅、中古住宅のどちらも対象となります。

給付金額は?

給付金額は住む世帯の収入によって異なり、現在は10万円から30万円。
さらに消費税が10%になった場合は、現在の上限30万円が50万円に増額される予定です。
くわしくは「すまい給付金の公式ホームページ」でご確認ください。

すまい給付金

出典: すまい給付金の公式ホームページ

消費税増税後でも年収によってはお得に

では、消費税8%のときと10%のときで、どちらがお得なのかシミュレーションしてみましょう。

モデルケース それぞれ世帯年収の6倍の住宅を購入し、その半分を建物費用とする。
なお、土地に関しての消費税は非課税。
年収400万円で2400万円の住宅を購入。
その内1200万円の建物が課税対象。
消費税額
1200万円×10%-1200万円×8%=24万円
消費税増によって24万円の負担増。
すまい給付金の給付額
年収400万円の場合の給付金額は50万円。
結果
年収400万円の場合は、
すまい給付金50万円-消費税増税分24万円= 36万円
36万円の負担減
年収800万円で4800万円の住宅を購入。
その内2400万円の建物が課税対象。
消費税額
2400万円×10%-2400万円×8%=48万円
消費税増によって48万円の負担増。
すまい給付金の給付額
年収800万円の場合の給付金額は0万円。
結果
年収800万円の場合は、
すまい給付金0万円-消費税増税分48万円= -48万円
36万円の負担減

このように消費税が8%から10%に上がっても、住宅の購入価格と世帯年収によっては負担減となるケースがあります。駆け込みで購入を決断するのではく、きちんと計算して増税前後のどちらで買うのがお得なのか確認しましょう。

駆け込まずに納得のいく検討を

とはいえ、住宅は生活スタイルそのものを左右する人生最大の買い物です。損得だけで判断すると「やっぱり立地が気に入らない」「間取りが不便」といった後悔につながります。

消費税増税によって出費が増えるかどうかの確認も大事ですが、信頼できる不動産会社を見つけてじっくり検討し、納得のできる物件を見つけることもおろそかにしたくないですね。

駆け込まずに納得のいく検討を

<すまい給付金に関するご注意>
・平成27年10月1日に消費税率が10%に引上げられた場合のすまい給付金については、
 平成25年6月26日に行われた与党合意を踏まえたものとする予定です。
・すまい給付金の対象要件や申請方法など詳しくは、「すまい給付金事務局ページ」等を必ずご確認ください。

ページの先頭へ戻る

賃貸や不動産・住宅等の情報検索サイト「ホームアドパーク」では、賃貸マンション、賃貸アパート、中古マンション、新築・中古一戸建てなどの物件をエリア別、路線・駅別、こだわり条件から自在に検索できます。住まいに関する様々な情報もご用意しておりますので、賃貸・売買を問わず、不動産に関することは当サイトにおまかせください!