学生・新社会人の一人暮らし「新生活ガイド」|賃貸・住宅情報はホームアドパーク

4月は新入学や新社会人デビューとして、初めて「一人暮らし」を始める人も多いと思います。
ここでは“部屋を借りて生活するために必要なお金”、“そしてライフスタイルに合わせた街選び”、“部屋の条件の決め方”にフォーカスを当てご紹介します。

一人暮らしする際に必要なお金は、部屋探しから入居までにかかる「初期費用」と日々の暮らしに必要な「生活費」に分けられます。 実際、部屋を借りてから一人暮らしをスタートするために必要な費用を具体的に見ていきましょう。

一人暮らしを始めるまでに必要なお金

部屋を探す時に必要なお金

交通費
現在住んでいる場所から離れて部屋を探す場合、電車代や飛行機代、そしてバス代やタクシー代などが必要になります。
宿泊費
部屋を探すエリアによっては、希望に合う部屋が見つかるまで数日間必要になる場合もありますから、ビジネスホテル等の宿泊費も必要になります。

部屋を決める時に必要なお金

礼金(家賃1~2ヶ月分が相場)
契約時に部屋を貸してもらったお礼として大家さんに支払うお金のこと。
敷金と違い、契約が終了しても戻ってきません。
地域や物件によっては礼金がない場合もあります。
仲介手数料(家賃1ヶ月分が相場)
不動産会社の仲介によって物件を借りた時にその業者に支払うお金のこと。契約にはいたらなかった場合は発生しません。
前家賃(家賃1ヶ月分が相場)
契約をした日から家賃が発生(日割り計算)するため、入居月の家賃は契約時に先払いします。
敷金(家賃1~2ヶ月分が相場)
大家に預けておくお金のこと。住んでいる間に部屋の設備などを破損させたり、家賃を滞納すると引かれてしまう。 何も問題がなければ退去時に戻ってくるのが一般的。
※物件によっては「敷金1ヶ月分」「礼金なし」「仲介手数料半月分」というところもあります。
申込金(預かり金)
気に入った物件を仮押さえするために支払う一時金のこと。数千円~家賃1ヶ月分が目安です。
契約の成立・不成立に関わらず戻ってきます。トラブルを防ぐため、必ず「預かり証」を受け取りましょう。

知らないと損?賃貸のお金に関するコト

引越しに必要なお金

引越し会社に依頼
時間と労力を節約したい人、荷物が多かったり、遠方に引越す場合は引越し会社に依頼するのがオススメです。
※繁忙期など時期によって料金が割高になる場合も。
荷作りも引越しも自分でする
お金を節約したい人、荷物が少ない人は引越し会社に頼まずに自分でやるのもありです。 レンタカー代、ガソリン代のことも考えて、引越し会社とどちらが得か比べましょう。

知って得する!引越し費用の節約ポイント

一人暮らしの生活に必要なお金

一人暮らしの生活に必要なお金は一ヶ月でいくらくらいかかるのでしょうか。以下に日々の暮らしに必要な「生活費」をご紹介します。

家賃
家賃は月収の1/3以内というのが一般的な目安です。 (他に共益費や管理費が必要になる場合も)生活費に占める割合が高いので、無理な支払いにならないよう、よく考えましょう。
食費
人によって個人差が大きいのが食費です。自炊やお弁当を作るなどして節約すれば、1万円以下に抑えることも可能です。
はじめての一人暮らしで自炊デビュー!
光熱費
電気料金やガス代がこれに当てはまります。電気の消し忘れやエアコンのつけっぱなしに注意!省エネ家電を選ぶことも効果的です。
水道料金
水道料金は、2ヶ月に一度まとめて請求される場合が多く、風呂の水で洗濯したりするなど、細かい積み重ねで節約ができます。
通信費
携帯電話料金やインターネット接続料など、通信に必要なお金。家に電話を設置する場合は、工事費も必要になります。
交際費
友人との飲食費や恋人とのデート費用など、人との付き合いに必要なお金です。
日用品費・医療費
洗剤やティッシュなど日々の生活に必要なもの。また、体調を崩して病院に行くことも想定しておきましょう。

次のページは、街の選び方と部屋の条件の決め方

1 | 2

ページの先頭へ戻る

賃貸や不動産・住宅等の情報検索サイト「ホームアドパーク」では、賃貸マンション、賃貸アパート、中古マンション、新築・中古一戸建てなどの物件をエリア別、路線・駅別、こだわり条件から自在に検索できます。住まいに関する様々な情報もご用意しておりますので、賃貸・売買を問わず、不動産に関することは当サイトにおまかせください!