新婚カップルの新生活にかかる費用|ホームアドパーク

この記事をご覧の方の中には、新婚の方がいらっしゃるかもしれません。
ご結婚おめでとうございます! 新婚の方にも、これからご結婚を考えているカップルの皆様にも役立つ、新婚生活にかかる費用についてまとめてご紹介したいと思います。

新婚生活スタートにかかる費用はどのくらい?

新婚生活と言えば、誰でも想像がつくのが、家関連の費用ではないでしょうか。 具体的に賃貸物件では、敷金・礼金、引越し費用(前家賃や契約料)などがあげられます。 ワークスタイルによって初期にかかる費用や、その後の家賃負担なども大きく変わります。
また、これらと同時にインテリアや家具、家電製品など、新生活を始める上で必須となってくるものを揃える必要があります。

新婚生活スタートにかかる費用の円グラフ

新婚生活を始めるのに必要な費用の平均は、最低100万円程度かかるようです。

ワークスタイルとライフスタイルを両立できるよう、住む場所や間取りなどを2人で細かく話し合いましょう。 初期費用を抑えたり、家賃を抑えて生活を安定させるなどの工夫は、大きなポイントになるのではないでしょうか。

新婚生活に必要な家具ってどんなもの?

必要な家具ってどんなもの?

例えば、新婚生活の際に2人で新しい部屋を借りたとすると、いったいどんな家具が必要になるのでしょうか。

LDKの部屋を借りたとして考えてみると、2人の生活の中で一番使う場所はリビングでしょう。 そこには、ソファーやテーブル、もしかするとデスクなどが置かれ、テレビボードの上にテレビが置かれて、毎日そこでテレビを見ることになります。
テレビの横には収納棚やラックなどが置かれて、そこにアロマポットを置くのもいいですね。 ちょっと変わった本棚は見た目にもおしゃれで、本に囲まれる生活を憧れる方も多いでしょう。

またダイニングキッチンでは、鍋、フライパンなどの料理を作るためのキッチン用品が必要です。 また、最近では高性能な電子レンジや炊飯器が家電量販店に並んでいます。 それだけではなくお皿などもないといけません。

価格の目安

部屋を見渡すと、窓にはカーテンがあります。もちろんベッドなどの寝具や、タンスなどの収納もそろえる必要があるでしょう。 おしゃれな間接照明なんかもあったら生活が豊かになりそうですね。

さて、あなたはこの中に書かれたもののうちどれぐらい必要ですか?表の金額を目安に必要な費用を確認しておきましょう。

街選びのオススメは2人の距離から

街選び

住む街を選ぶ際、2人で決めた希望の街を選ぶのも良いですが、新婚生活を始める上で気を付けたいのは、お互いの時間を考えた街選びです。

職場から近い場所に家を借りるとすると、都心圏ではそれなりに家賃がかかってしまいます。 2人とも働いている場合は問題ないかもしれませんが、マイホーム購入を考えていたり、出産を控えているなど、将来的な視点で考えると難しい問題も出てくるでしょう。

都心圏から少し離れた場所では、環境も良く、費用も抑えられる物件が比較的多くあります。 移動時間にとられてしまい2人の時間を確保するのが難しいといった状況にならないよう、2人の通勤時間を考慮して、働きやすい場所を探してみましょう。

通勤は毎日のことなので、都心圏から30分以内の移動時間の物件がオススメです。通勤時間が短いほど、朝の移動も楽になりますし、帰りも便利ではないでしょうか。

次のページは、新婚カップルの将来的なおはなし

1 | 2

ページの先頭へ戻る

賃貸や不動産・住宅等の情報検索サイト「ホームアドパーク」では、賃貸マンション、賃貸アパート、中古マンション、新築・中古一戸建てなどの物件をエリア別、路線・駅別、こだわり条件から自在に検索できます。住まいに関する様々な情報もご用意しておりますので、賃貸・売買を問わず、不動産に関することは当サイトにおまかせください!