ファミリーで暮らす(子育て編)|賃貸や不動産・住宅情報はホームアドパーク

子育て世代の家選びは、やはり子供をとりまく環境がどうなっているか?という事がポイントだと思います。
最近は江戸時代の子育てのように、地域で子供を育てる意識が見直されつつありますが、子供が育つ環境として学校や様々な施設のほか、 周囲のコミュニティなども含めて、安全で安心できることが重要でしょう。

環境という点にまとを絞って、家選びの参考になることをいくつかまとめてみます。

公園や遊び場が近くにある 公園や遊び場が近くにある

親世帯と資金負担の分担ができる?

子供たちの遊ぶ声のする街というのはいいものですよね。
安心して子供を遊ばせられる場所があるということは子育て中の親にとって、重要なことでしょう。

都会ではなかなか難しい条件のように思えますが、最近の大型マンションでは、共用部分に緑を多く配し、子供の遊べる公園や、 バーベキューなどのできる場所を設けるなど、敷地内の施設が充実しているものも多くなっています。
敷地内なので防犯カメラも設置されているなど、防犯の面でも安心できます。

どんな場所に、どんな施設があるのかは要チェックです。

一戸建てでも、大規模分譲地となると、街全体として計画されているので、公園はもちろん住民の安全を考えた整備がされています。
学校が近くにあることも多く、通学時も安心です。

同じ世代の子供たちとの遊びを経験し、コミュニケーションを学ぶためにも大切な遊びの場。
どんな場所に、どんな施設があるのかは要チェックです。

ページの先頭へ戻る

子育てファミリーが多いか? 子育てファミリーが多いか?

ファミリー向けに新規開発された物件では親同士も子供同士も友達になりやすいというメリットが

近所づきあいは面倒・・・と思うこともあると思いますが、 遠い親戚より近くの他人とも言うように近くに子供のことを気にかけてくれる人たちがいるというのははありがたい事です。

特に、ファミリー向けに新規開発された物件では、賃貸にしても、分譲にしても、 家族構成など家庭環境の似た人たちが集まることもあり、親同士も子供同士も友達になりやすいというメリットがあります。

気になる生活音などの問題も、あまり神経質にならないで済む

子供がいると気になる生活音などの問題も、あまり神経質にならないですみますし、 急に行けなくなった幼稚園や学校のお迎えをお願いするといったことも、「お互い様」の意識があれば可能になるでしょう。

こういったことは、住みやすさを考える上では、とても重要なことだと思います。

家の中を変えることはできても、周りの環境は自分で変えることができません。
些細なことでも、毎日のことであればストレスです。
逆に緑に囲まれて、安心できる環境があれば住み心地は向上します。
現地に足を運んでみるなどしてご自分の目で確認してみることをおすすめします。

ページの先頭へ戻る

賃貸や不動産・住宅等の情報検索サイト「ホームアドパーク」では、賃貸マンション、賃貸アパート、中古マンション、新築・中古一戸建てなどの物件をエリア別、路線・駅別、こだわり条件から自在に検索できます。住まいに関する様々な情報もご用意しておりますので、賃貸・売買を問わず、不動産に関することは当サイトにおまかせください!