間取り変更リフォームのポイントと使える技|中古住宅情報はホームアドパーク

リフォーム希望の高い水回りは注意

水回りは汚れや傷みが目立ちやすく、リフォームしたい場所としてトップにあがります。キッチンやバスルームなど、最新機能が付いた水回り設備には憧れますね。家族の様子を見ながら会話もできる対面式キッチンにしたいと希望される方も増えています。

ただ、水回りの位置を変えることは、給排水管の移動と壁や床の解体・造作工事が伴うなど大掛かりなリフォームとなり、高額な工事費用がかかってしまうんです。

「どれだけ費用がかかっても水回りを一新したい」という方なら別ですが、少しでも費用を抑えてリフォームをするなら、水回り設備の位置変更は避けましょう。キッチンの位置やサイズが同じでも、最新設備に交換するだけでかなり快適になりますし、扉の色が違うだけで部屋のイメージも変わります。

ビルトインタイプで機能満載のガスコンロなら、調理が楽になってお手入れも簡単です。レンジフードも、予算内で掃除しやすいものを指定できるかどうか、工事業者さんに相談するといいでしょう。

タイル張りのキッチンでお掃除に手を焼いているなら、目地のないキッチンパネルにするのが有効です。そこまで予算がない場合は、タイルに市販されているキッチン用シートを貼るだけでも違います。

バスルームとトイレもリフォームでは既存の配管は動かさないというのが基本です。

バスルームの不満と言えば、冬場の寒さやお湯がすぐ冷める、カビなどが挙げられます。最近は保温性が高く、床材も工夫されて冷たく感じないものや、お掃除も楽になる商品があります。

スペースに合わせてセットになっているので、組み立てるだけで簡単です。カビや温度差を解消できる、浴室暖房機や乾燥機付きバスルームもおすすめです。浴槽を取り替えずに壁を塗り替える方法もあります。

トイレは、”節水ができてお掃除も楽”という商品が主流。タンクレスタイプが設置可能であれば、それだけでも空間を広く感じることができます。

水回りのリフォームは給排水管を動かさなくても、最新の設備に変更するだけで光熱費の削減になり、リフォームの効果を感じられる場所です。最近は水回り製品を安く売っているホームセンターもありますし、モデルハウスや各社ショールームに同じ大きさ・型(シンクやガスの右・左)のものがあれば、販売店を通じて展示品を割安で購入できる場合もあるようです。

ワンルームを仕切るという考え方

バリアフリーにしたい、スペースを広く使いたい時、「この壁がなければ・・・」と考える事もありますね。ただ家の構造上必要なものもあり、耐力壁を動かすとなると別に補強を考える必要がある為、とても費用がかかります。

耐力壁を残すことは、間取り変更の基本です。どうしても圧迫感が気になるのなら、必要な躯体を残して風を通すような小窓を空けインテリアの一部にするという技もあります。

最近、人気なのは広いワンルームにリフォームして、必要に応じてパーテーションで仕切って部屋を作り出すというものです。耐力壁は残した上で、ドアなどは取り除き、広い空間を作り出します。その上で間仕切りを設置し、開閉して部屋を仕切ります。

間仕切りは、壁と同色にしたり、半透明や透明なものにしたりすることで、雰囲気も変わってきます。また、床にレールがいらない吊りタイプのものであれば、足元もまったく気になりません。

間仕切りを使用するメリットはコストがかからない事と、ライフスタイルが変わっても、間仕切りの位置を変えれば良いという手軽さにあります。お子さんの成長に合わせて、広さや場所などを変えてあげることも可能です。

介護が必要になった場合、いつも目を届かせたいけれど、プライバシーも考慮したいと考えた際に便利です。冷暖房の効率をあげたり、エコの観点でも無駄をなくしたりできますね。

急な来客時でも、キッチンを見せなくするなど見られたくない場所をさっと閉めればOK。普段からもフレキシブルに使える点で便利です。

リフォームは意外に費用がかかったり、大きく印象が変わるのにあまり費用がかからなかったり、なかなか予測がつきにくい面があります。プロの方に相談しながら、基本ポイントを押さえて、より快適な空間を手に入れましょう。

 
  • 中古一戸建てを探す
  • 中古マンションを探す

 

ページの先頭へ戻る

賃貸や不動産・住宅等の情報検索サイト「ホームアドパーク」では、賃貸マンション、賃貸アパート、中古マンション、新築・中古一戸建てなどの物件をエリア別、路線・駅別、こだわり条件から自在に検索できます。住まいに関する様々な情報もご用意しておりますので、賃貸・売買を問わず、不動産に関することは当サイトにおまかせください!