基礎からわかる住宅ローン入門

住宅ローンを組む際に必要な費用の内訳

「元利均等」と「元金均等」と言われても、よくわからない方も多いでしょう。この単語は住宅ローンの返済方法を表す単語です。

「元利均等返済」とは

毎月の元本と利息の支払額の合計が均等になるように返済する方法です。
元本が大きい返済当初は、利息部分の割合が大きく、返済が進むにつれて元本部分の返済が多くなります。毎月同じ返済額なので、支払計画が容易ですが、返済期間が同じ場合、元金均等に比べて、利息の総額が大きくなります。

「元金均等返済」とは

元金部分を毎月均等に返済するため、利息部分を効率的に支払うことができる方法です。
返済開始当初の返済額が大きいですが、返済が進めば利息部分の返済が相対的に少なくなります。

住宅ローン「元利均等」と「元金均等」それぞれの特徴
元利均等
元金均等

元金均等の方が、利息の総額が少なく抑えられるのなら、元金均等で返済したくなるかもしれませんが、実際には返済当初の負担が大きくなりがちなので、金融機関によってはローン審査が通らない可能性もあります。また、元金均等での支払い方法を扱っていない金融機関もあります。

ローン返済に余裕があったり、近い将来、売却する予定があるなら、元金均等の方が良いでしょう。元利均等でも、繰上げ返済を併用し返済期間を短縮させれば、元金均等と同じくらいの利息の総額で済ませることも可能です。

自分の返済能力に見合った住宅ローンの返済方法をしっかりと検討し、どのような返済方法を選択すればよいか考えましょう。

住宅ローン 固定金利・変動金利の違い、メリット・デメリット

キャッシュフロー表とは、将来の収入、支出、貯蓄を将来のライフイベントと照らし合わせ、一覧表にまとめたものです。

例えば、子どもが産まれたり、小学校に入学したり、車の車検があったりと、今後の生活でお金が必要になることがあるでしょう。それが何年後にお金がいくら必要になるかをあらかじめ想定しておくことで、それに合わせた住宅の購入や住宅ローンの返済プランを立てることが可能になります。

あくまで想定ですが、先々に予測される大きな出費や必要経費などをある程度把握できるので、リスクを軽減できるのです。

キャッシュフロー表

長期間の年間収支を見て、住宅ローンの返済計画に無理がないか適切な判断をする指標としましょう。

1 | 2

ページの先頭へ戻る