スケジュールは大丈夫?引越し完全マニュアル

①新居決定!引越し会社を探す

引越し日を決める

引越しは、時期や曜日や時間帯などによって混み具合が違います。特に引越しのハイシーズンである3~4月の週末は混み合い、料金も高く、予約も取り辛くなります。この時期に引越しをしなければならない場合は、1ヶ月前には予約をするつもりで準備を進めましょう。

引越し方法を考える

引越し費用は依頼内容によって異なります。引越し費用を抑えるために友人などの手を借りるのも良い方法ですが、万が一引越し先のお部屋に傷をつけてしまうと、修繕費用が必要になりますから、細心の注意を払いましょう。今回は「引越し会社に依頼」「単身用プランを利用」「自力で行う場合」の3つの方法をご紹介します。

引越し会社に依頼

費用はかかりますが、プロに任せることで、家具の破損などの不安はなくなります。
荷物の搬出・搬入だけのプラン、梱包から荷ほどきまでお願いするなど、さまざまなプランがあります。最近では、1DKや1LDKのひとり暮らし向けのプランも豊富です。まずは、何社かの引越し会社に見積もりを依頼しましょう。

単身用プランを活用

初めての一人暮らしで荷物が少ない場合は、引越し会社の「単身プラン」や赤帽などを利用するのも良いでしょう。
ただし、小さなトラックでは高さが決まっている場合は、家財道具(3ドアの冷蔵庫など)が無理な場合も多いようですので、見積り時によく確認することが必要です。また、単身用プランの場合は比較的近距離の引越しでも配達が翌日以降になるケースも。事前の確認とゆとりをもった引越しプランを立てましょう。

自力で行う場合

「とにかくお金をかけずに」という人には「自分で引越し」という手段もあります。マイカーや友人の手を借りるので、費用はそれほどかかりませんが、はじめての引越しは、要領よくこなすのが難しく、努力・労力が必要となってきます。また、レンタカーにすると荷物の量によって借りる車の種類も変わるので、きちんと荷物の量を把握することが大切です。

引越し会社に見積もりを依頼

電話やインターネットなどで荷物の数量を伝えれば概算見積もりはできますが、実際に部屋を見てもらったほうが正確な金額が出ます。また、面倒くさがらずに複数の業者に同じ条件で見積もってもらい、比較検討をするのがよい業者を選ぶポイントです。

日程が決ったら、現住所と新居それぞれの大家さん・管理会社に引越し日を通知

退去の際は、予告してから一定期間(通常1ヶ月)家賃が発生します。一方、新居では入居可能日から家賃が発生し、この間は新旧両方の「家賃」を支払わなければならないケースが多いので、予告忘れのムダな二重家賃には気をつけるようにしましょう。

引越し1週間前の準備は?

1 | 2| 3

 

ページの先頭へ戻る

賃貸や不動産・住宅等の情報検索サイト「ホームアドパーク」では、賃貸マンション、賃貸アパート、中古マンション、新築・中古一戸建てなどの物件をエリア別、路線・駅別、こだわり条件から自在に検索できます。住まいに関する様々な情報もご用意しておりますので、賃貸・売買を問わず、不動産に関することは当サイトにおまかせください!