新生活のススメ!(親と同居編)|賃貸や不動産・住宅情報はホームアドパーク

自分の家庭があって、マイホームの購入を考える時、親との同居ということも選択肢のひとつになるかと思います。

以前は、親との同居というと、息子夫婦との同居が多かったのですが、最近は娘夫婦との同居ということも増えているようです。

もちろん、一人っ子が多くなっているということもあるかもしれませんが、 親と娘という関係のほうが、親世代と子供世代の双方が気楽であるということがその理由かもしれません。

親子といっても、それぞれの家庭がある訳ですから、同居するにあたって、メリットもデメリットもあって当たり前です。 ここでは一般的に考えられるメリットを考えてみましょう。
デメリットは価値観の差から生まれるものが殆どだと思いますので、あえて触れない事にします。

経済面でのメリット 経済面でのメリット

親世帯と資金負担の分担ができる?

一戸建ての家が欲しいと思った時、やはり土地の購入など資金面でのハードルは高くなりますね。

ここで二世帯住宅ということになれば親世帯と資金の負担を分担することができるので、 自分たちだけで購入する場合よりは、広い家の購入が可能になると考えられます。

特に、親世帯が住んでいる土地で二世帯住宅への建て替えをするとなれば、土地の費用は除外される訳ですから、ぐっと費用は抑えられます。

融資や税金の面でもメリットがあります。

さらに、完全に独立型の住居にしたとしても、屋根や壁などは共有する訳ですから、二軒の建築費よりは費用はかかりません。

また、融資や税金の面でもメリットがあります。
住居が二戸という扱いになれば、不動産取得税や固定資産税も二戸分の優遇措置を受けられることになるなど、建築費以外でも経費を削減できます。

ページの先頭へ戻る

子育て面でのメリット 子育て面でのメリット

同居していれば、何かあった時にも頼れる存在がある安心感

共働き夫婦の大きな悩みといえば、子供ができてからのことだと思います。
保育園の待機児童増加はなかなか解決しない問題ですし、仮に保育園に預けられたとしても、病気になった時の仕事の調整など、様々な苦労があります。
その点、同居していれば、何かあった時にも頼れる存在がある安心感があります。

子供にとっても、日常的に祖父母との接点があることはプラスの面が大きいでしょう。

ページの先頭へ戻る

賃貸や不動産・住宅等の情報検索サイト「ホームアドパーク」では、賃貸マンション、賃貸アパート、中古マンション、新築・中古一戸建てなどの物件をエリア別、路線・駅別、こだわり条件から自在に検索できます。住まいに関する様々な情報もご用意しておりますので、賃貸・売買を問わず、不動産に関することは当サイトにおまかせください!