更新?引越し?どっちがトクか考えよう!

更新のタイミングでの引越しがおすすめ!

更新の慣習は地域によって異なりますが、一般的に賃貸物件の契約期間は「2年間」です。 首都圏や東海では、2年間住んだ後に続けて住みたい場合、契約の更新と更新料の支払いが必要になります。

契約期間が終わりに近づくと不動産会社や大家さんから「このまま住み続けますか?解約しますか?」の問い合わせがあります。 更新料の相場は家賃の1~2ヶ月分です。

「もっと広い部屋に住みたい!」、「駅から近いところに住みたい!」と更新を迷っているなら、更新料を支払わずに思い切って引越しましょう。 更新のタイミングで引越すのが良い選択です。この引越しをきっかけに憧れの生活が手に入るかもしれません。

注意

まずは契約書で、契約期間と、退去予告の期限を確認しましょう。
仮に契約が12月 31日までで、退去予告が2ヶ月前なら、不動産会社などに電話連絡の上、退去通知ハガキなどの書面を10月31日までに届くように発送する必要があります。
期限までに退去通知をしないまま、引越しが1月になってしまうと、今住んでいる物件と、新しい物件の家賃の二重払い・・・なんてことになりますので、注意が必要です。

借り時はいつ!?3月は物件情報がとにかく豊富!

年明けから賃貸物件の動きは活発になります。
特に3月は進学や就職・転職など人が動く時期なので、物件情報も多く出回り、不動産会社の契約数はダントツ。 空室物件が一番多いのも1~4月です。

新築物件もこの時期に完成するように建てられることが多く、新築物件に住みたい方は12月~3月が狙い目です。

この時期は物件情報がとにかく豊富!物件が多ければ、理想の物件に出会うチャンスも多くなります! もし更新を迷っているならば、物件情報の多いこの時期の部屋探しがおすすめです。 憧れの新築物件や人気のエリアの物件など、希望の物件が見つかるかもしれません。

ただ、1~3月は部屋を探している人も多く、どんどん決まっていく時期なので、良い部屋が見つかったら思い切って決める決断力が大切です。
また、引越し費用も一番高く、日程も希望日を予約するのは難しくなっています。 可能であれば、3月に物件を決めて4月に引越しをすると、引越し費用が安くなります。

新築の賃貸物件を探す

初期費用は下がっている!

近年、賃貸契約の初期費用は減少傾向にあります。 家賃の2ヶ月分ずつが一般的だった敷金・礼金は、どちらも1ヶ月分以下の物件が多くなり、全体として安くなっています。

特に、「礼金2ヶ月分」が大幅に減り、「礼金1ヶ月分以下」の物件が東京で5割以上を占めています。 引越しシーズンや新築物件など、条件によっては2ヶ月の物件もありますが、礼金1ヶ月分の物件が多い傾向です。

更新料と初期費用、合計する費用が変わらないのであれば、迷わず引越ししましょう!

初期費用を抑えるには、こんな物件がおすすめ!

こんな物件なら、初期費用を抑えて引越しができます。

敷金礼金ゼロの物件
初期費用(敷金・礼金)がかからない物件です。
特優賃の物件
入居する際の礼金や仲介手数料が不要です。都道府県及び自治体により多少基準が異なる場合があるので確認してください。
フリーレント
1月~3月は少なくなりますが、入居後の一定期間の家賃が無料になるというものです。

次のページでは、引越しして良かった!引越し体験談

1 | 2

ページの先頭へ戻る

賃貸や不動産・住宅等の情報検索サイト「ホームアドパーク」では、賃貸マンション、賃貸アパート、中古マンション、新築・中古一戸建てなどの物件をエリア別、路線・駅別、こだわり条件から自在に検索できます。住まいに関する様々な情報もご用意しておりますので、賃貸・売買を問わず、不動産に関することは当サイトにおまかせください!