これで安心!申込みも契約も後悔しない|賃貸・住宅情報ホームアドパーク

住みたい部屋が決まったら、お部屋探しの中でもっとも重要な契約手続きが始まります。
申込み、契約の手続きをスムーズに進めるためのチェックポイントをまとめました。
よく確認して手続きをすすめていきましょう。

STEP1 申込み

まずは不動産会社にできるだけ早く借りる意思を伝え、申込み用紙に職業・年収・住所・氏名・年齢など(不動産会社によって項目が異なります。)を記入します。

また、この時点で保証人に関しても同様の情報が必要な場合もありますので、まだ保証人が決まっていない場合など、不動産会社の担当者とよく相談するようにしましょう。

預かり金が必要になったら

契約前の仮押さえという意味で支払うケースが多く、契約が不成立の場合は全額返還されます。

支払い時には全額返還される旨が明記された「預かり証兼領収証」を必ずもらうようにしましょう。

チェックポイント
お部屋探しの前に保証人は誰にお願いするのか決めて了解をとっておきましょう。
安定した職業と収入のある親族、知人で信頼できる人を探しておきましょう。保証人がいない場合、保証人代行システムというのもありますので、探してみると良いでしょう。
身分証明書と預かり金が必要になる場合がありますので、事前に確認して用意しておきましょう。

STEP2 入居審査

入居後のルールを守ってくれそうか、家賃をきちんと払えるかなどが入居審査の主な内容です。
通常2日~1週間程度かかりますので、この間に契約時に必要な書類を用意するなど準備をすすめましょう。

また、保証人がいない、定職についていないといった場合などは審査が通らない場合もあります。

チェックポイント
審査期間中には、いつでも連絡がとれるようにしておきましょう。
(実際に会社に勤めているのか、「在籍確認」が行われる場合があります)
契約時に必要なお金を確認して準備しておきましょう。
首都圏で、賃貸住宅に入居する場合には、
およそ家賃の5ヶ月が必要と言われています。
その他必要になる引越し代なども考えると
余裕を持って準備をしておくと安心です。
契約時に必要なもの
  • ・印鑑
  • ・入居者の住民票
  • ・入居者の収入を証明する書類(源泉徴収票など)
  • ・保証人の印鑑証明
  • ・保証人の収入を証明する書類(源泉徴収票など)
入居時に準備する費用の目安 家賃の約5ヶ月分
事前に必要な書類を確認し、契約に備えましょう!

次のページでは、STEP3 重要事項説明・契約

1 | 2

 

ページの先頭へ戻る

賃貸や不動産・住宅等の情報検索サイト「ホームアドパーク」では、賃貸マンション、賃貸アパート、中古マンション、新築・中古一戸建てなどの物件をエリア別、路線・駅別、こだわり条件から自在に検索できます。住まいに関する様々な情報もご用意しておりますので、賃貸・売買を問わず、不動産に関することは当サイトにおまかせください!