物件見学でチェック!安心・安全な賃貸ライフ(P2)

部屋内部のチェックポイント?

部屋のにおい

こもった感じの臭いはぜひ印象に残してください。

どの空き物件も、そんなに換気していないかもしれませんが、中でもこもったような臭いがするのは、見学が少なくて人の手が入っていないか、換気が悪すぎるか、臭いの原因があるかです。

収納家具の建て付け、押入れの仕上げは?

扉を開け閉めして、しっかり閉まるか、音はしないか、確認しましょう。

また、押し入れ、天袋などは工事のていねいさが分かりやすい場所。 扉を開けて、内装のほころびがないか、チェックしましょう。

部屋内部のチェックポイントは 隣や上下階からの生活音は?

マンションなどの賃貸住宅暮らしでストレスになるものと言えば、隣家の生活音がうるさいといった問題。
窓を閉め切って、どれぐらい周囲の音が聞こえるか、しばらく聞いてみましょう。

部屋の風通しは?

暮らしを快適にするには、風通しの良さは欠かせません。風通しが悪いと、湿気がたまってカビなどで悩むことも。

実際に窓を開いて風通しをチェックしてみましょう。

日当たりの良さは?

日当たりを見るにはコンパスを持っていくと便利です。 何時ごろにどう日が当たっていたか、チェックしておきましょう。

その他

物件の見学のときに持参したいのがメジャー(巻尺)と、いま使っている家具や家電のサイズを記したメモ。
あらかじめ、レイアウトに問題がないかをチェックしておくことで、引越しが数段スムーズに進みます。

周辺環境のチェックポイント

ゴミ捨て場、駐輪場の管理状況

共用スペースがきれいかどうかで、住民の質や管理の行き届き方が分かります。

また、共用の廊下に私物がたくさん出ているところはあまり感心しません。
郵便受けも、チラシであふれていたり、要らないチラシが床に投げ捨てられているようなところは要注意です。

周辺道路の混雑状況、駅までのアクセス

周辺道路の混雑状況は時間帯によって変わるので、できれば何度か時間を変えて通りかかってみることがおすすめです。

大切なのは、子供の通学時間、下校時間に混みあって危険ではないか。
抜け道になっていると、狭いところでも通勤の車が通学路に危険を与えているものです。

また、駅までの道順や電車の発着状況も実際に確認しておくと良いでしょう。

周辺環境のチェックポイントは 周辺の騒がしさ

昼間、たくさんの物件を駆け足で見て回ると、気付かないのが看板のたぐい。
夜行ってみると、近くのパチンコ屋さんのネオンが点滅していた、なんて笑えない例も。

2階ぐらいの物件では、近くのコンビニの明かりで照らされてしまっている、ということもあり得ます。

ぜひ夜に訪れてみて、ネオンや騒音をチェックしておきましょう。
カラオケをやっている飲み屋や、バイクが集まるコンビニは要注意ですし、夜もバイクがうるさく走るような道路も敬遠したいところです。

生活に必要な施設・機関

商店街やスーパーなど、買い物の便は良いか?金融機関や図書館などの公共機関は利用しやすいか?いざという時に行ける場所に病院があるか?などもチェックしておきたいポイントです。

また、物件自体にエレベータが付いているか、駐車場の広さや高さは十分かなどの設備関連についてもチェックしておくと良いでしょう。

物件を見学する際の心構えに戻る

1 | 2

ページの先頭へ戻る