カーシェアリングとは?首都圏版|賃貸情報はホームアドパーク

「カーシェアリング」という言葉を、お聞きになったことがありますか?
1台の車をみんなで共有し、必要な時に、必要な時間だけ利用するシステムです。

もともとは欧米で普及していたのですが、駐車場不足やガソリンの高騰などで、日本でも広がり始めています。
エコロジーで経済面でのメリットも大きいこのシステムについて、お話してみましょう。

みんなで共有って? みんなで共有って?

カーシェアリングは「会員制レンタカー」のようなもの

何人もの人が同乗する「ライドシェア(相乗り)」と混同される場合もあるようですが、 カーシェアリングは、基本的に1台の自動車を複数の会員が共有する”会員制レンタカー”のようなものです。

子供の送迎、買い物、雨の日の利用など、ちょっとしたお出掛けに借りられるという手軽さがあります。

ページの先頭へ戻る

どんなメリットがあるの? どんなメリットがあるの?

一番大きなメリットは、やはり経済面

一番大きなメリットは、やはり経済面でしょう。
マイカーなら、車の購入費や税金、コスト(駐車場代・保険・車検・ガソリン)などを個人で支払わなくてはいけませんが、 カーシェアリングなら、実際の負担は会員登録時にかかる費用と会費、利用した分の費用で済むので、 利用時間が短いと割高なレンタカーに比べてもお得です。

また、CO2削減や路上駐車の軽減、渋滞の緩和など、環境面でのメリットも考えられます。

最近は、分譲マンションでカーシェアリングを導入するケースも増えています。 全戸分の駐車場を用意できないマンション側と、 日常の足に車を利用したいという居住者の双方にメリットがあるようです。

ページの先頭へ戻る

デメリットは? デメリットは?

利用者が多くなれば予約がとりにくい

利用者が多くなれば予約がとりにくいという事が考えられます。

また、カーシェアリング用の車を配車している場所を「ステーション」と言いますが、近くにステーションがない場合もあります。
これは事業者が増え、利用者が増えることで状況は改善されるでしょう。

いつも使わないものはレンタルして使うなど、賢く様々なサービスを利用する人たちが増えてきました。
カーシェアリングも日本でもっと盛んになっていくのではないでしょうか。

ページの先頭へ戻る

カーシェアリングのメリット・デメリット カーシェアリングのメリット・デメリット

メリット メリット
  • コストが圧倒的に低い。
    (車の購入費や税金、保険代・駐車場代・メンテナンス費用、車検費用)
  • いつも同じ車を運転するので、運転しやすい。
  • 短時間から利用できる。
  • 駐車場の確保が不要。
  • CO2削減や路上駐車の軽減。
  • 渋滞の緩和。
デメリット デメリット
  • 他者と予約が重なることがある。
  • 自宅近くに貸し出しステーションが無いと不便。
  • 月額基本料金がかかる。

首都圏版:カーシェアリングステーションがある駅の物件を探す

  • 首都圏版
  • 京阪神版
路線図検索  - このコンテンツにはAdobe Flash Player 10以上が必要です。

使い方

  • 地図上の 駅 や 駅名 をクリックすると、その駅周辺の物件を検索することができます。
  • 地図をドラッグすると、地図の表示エリアを自由に動かすことができます。
  • 地図の周りにある 右向き矢印 や 斜め右向き矢印 をクリックすることで、地図の表示エリアを上下・左右・斜めに動かすことができます。
  • 地図右上の 表示切替 で、JR・私鉄・地下鉄の表示切替ができます。


賃貸や不動産・住宅等の情報検索サイト「ホームアドパーク」では、賃貸マンション、賃貸アパート、中古マンション、新築・中古一戸建てなどの物件をエリア別、路線・駅別、こだわり条件から自在に検索できます。住まいに関する様々な情報もご用意しておりますので、賃貸・売買を問わず、不動産に関することは当サイトにおまかせください!