年収400万円でいったいいくらの家が買えるの?

年収400万円でいったいいくらの家が買えるの?毎月の返済額はどのくらい?知りたいことはいろいろありますよね。それでは、実際にいくらの家が購入できるか見てみましょう。

年収400万円で借りられる金額をまとめてみるとおおよそですが下記のようになります。

住宅購入の目安として、ローンの返済比率が年収の25%という事がよく言われています。
実際に住宅金融支援機構がフラット35の利用者について調査をした結果をみると、平成21年度では25%までの比率が57%と半数以上になっていますので、このラインが目安と思って良いでしょう。

購入時には住宅の価格の他に手続きなどの諸費用、税金、引っ越し費用などもかかりますので、その分の費用も踏まえて、無理のない計画を立てなければなりません。

家を購入するのに必要な費用の内訳

家を購入するのに必要な費用は、住宅ローン借入額(物件の価格+金利)+頭金+諸費用です。
購入可能な金額は、毎月の住宅ローンの返済額から計算します。
無理のない年間の返済金額は「年収の25%以内」と言われています。仮に年収が400万円とすると、その25%は100万円、毎月の返済額は8.3万円となります。

「入居後返済するお金」と「購入時に現金で支払うお金」

月々支払える額が分かったら、その金額でいくらの住宅ローンが借りられるかを計算しましょう。借りられる金額は、毎月の返済額・金利・返済期間の3つの要素で決まり、これに頭金を足した費用が購入費用となります。

現在の年収から計算する「購入可能なマンションの値段」

その他必要な資料について

マイホームを維持・管理していくには、住宅ローンの返済以外にも下記費用が必要になってきます。
固定資産税/都市計画税/管理費/修繕積立金/駐車場代 etc

修繕積立金は、大規模修繕などにより金額が上がることがほとんどです。
資金計画を立てる時は、その他の費用も含めて無理なく返済できるかどうかを考えることが重要です。
住宅ローンは長期間返済し続けていくものですので、金利による返済額の変化だけでなく、家族が増えたり、働き方が変わったりとライフスタイルの変化によって、家計の収支も大きく変わります。今後のライフスタイルがどのように変化していくかを予測して、現在と将来の家計の状況を考え、無理なく返済できる家を購入しましょう。

次のページは、「年収400万円で購入するためのポイント!」

1 | 2

 

ページの先頭へ戻る

賃貸や不動産・住宅等の情報検索サイト「ホームアドパーク」では、賃貸マンション、賃貸アパート、中古マンション、新築・中古一戸建てなどの物件をエリア別、路線・駅別、こだわり条件から自在に検索できます。住まいに関する様々な情報もご用意しておりますので、賃貸・売買を問わず、不動産に関することは当サイトにおまかせください!